くりっく365入門 >> 外国為替取引の特徴 >> リスク管理

リスク管理

FXで最も重要なことは、損を大きくしないということです。

クリック365入門イメージ

極端な話でいえば、FXでは10の取引のうち、9つの取引で損をしても、残りの一つで大きな利益が上がれば、トータルとしてプラスになります。

為替の変動を読み切るのは難しいことですから、損を小さく、儲けを大きくというのが、FXを行う上で、基本的な考えだといえるでしょう。

したがって、損を大きくしないことが重要なのです。

FXには投資家保護の観点から、マージンカットなどの強制決済という仕組みがあります。

これは、もともと投資家が立ち直れないほどの損を被らないように取引を強制的に打ち切ることです。

ところが、投資の局面では、もう少し、取引を続けていれば、損を取り返し、利益を出すことができたのにと思うことがあることでしょう。

そのため、投資家にとっては、自分の意志ではなく強制的に取引を決済されるのはなんとしても避けたいということになります。

そのためのリスク管理がFXでは重要なのです。

FXでは取引を始める前にFXの事業者に必ず保証金(証拠金)を納めます。

FXでは、これを担保にレバレッジを利用して何倍もの外貨を運用することは、先にも説明した通りです。

ところでFXでは、事業者にこの保証金を預けて取引する場合、余剰金が発生します。

つまり50万円を保証金として預けて、25万円を取引に回せば25万円の余剰金があるというわけです。

FXで先に述べた強制決済が起こらないようにするための一番の方法はこの余剰金をたくさん持つことなのです。

余剰金を残さずに大きな取引をしようとするのは非常にリスクが大きいといえるのです。

為替は必ず値動きします。

中長期に亘って取引する場合、余剰金が少ないと、為替が下がった時に余剰金がなくなり、身動きできない状態になってしまいます。

最悪、強制決済という、ある一定の金額まで下がると、すべてのポジションを失うという大きなリスクに遭遇してしまいます。

投資においては、余裕のない取引はあまりお勧めできません。

資金的にも精神的にも余裕がないと大局を見誤ることにもつながりかねないからです。

FXの取引では必ず保証金と余剰金のバランスに注意しておきましょう。

くりっく365入門は、くりっく365について解説しています。

くりっく365入門 PICK UP!:税金のメリット

くりっく365には税金面で大変有利なことが多いと先にもお話ししました。

カテゴリー

おすすめ記事

当サイトについて

くりっく365入門へようこそ!くりっく365入門管理者のTOSHIです。

管理人紹介

くりっく365に関するガイドとしてご利用いただけたら幸いです。