くりっく365入門 >> 取引について >> レバレッジとは

レバレッジとは

これまでに何度も出てきた「レバレッジ」という言葉。

クリック365入門イメージ

FXの魅力を形作る重要なしくみです。

レバレッジについて、もう一度、復習しておきましょう。

レバレッジとは「てこの原理」ということです。

てこの原理とは、小さな力で大きなものを動かすことです。

FXでは、小さな力=少額の証拠金、大きなもの=何倍、何十倍の取引ということになります。

もともと為替は大きな変動がないように各国や金融機関が調整しているものです。

為替の変動があまりに大きいと、経済が無茶苦茶になってしまうからです。

しかし為替差益が利益の柱であるFXのような投資の世界では、変動が少ない投資先には魅力がありません。

そこで考え出されたのがレバレッジです。

FXの取引ではレバレッジを上手に使うことができれば、資産を何倍にもできる可能性が生まれます。

普通の主婦が何億円も儲けたといった報道がなされるのも、レバレッジがあるからこそです。

もちろん、レバレッジによって、取引額が大きくなるということは、損をしたときには、損失額も非常に大きくなるということです。

資産を一気に無くしてしまう可能性があることも念頭においておきましょう。

具体的な数字でレバレッジを説明しましょう。

例えば、1ドル=105円、105,000円の証拠金で取引を始めるとすると、レバレッジが3倍なら3万ドル=315,000円、10倍なら10万ドル=1,050,000円の取引が可能になるのです。

そして、もしも1ドルが110円になると、レバレッジが3倍なら33,000ドル=33万円、レバレッジが10倍なら110,000ドル=1,10万円となり、レバレッジ10倍なら5万円の利益が出たことになります。

わずか105,000円の証拠金で5万円の利益をだしたことになるわけです。

すごい利益率です。

さらにFXではスワップ金利にもレバレッジが働きます。

年利4%のスワップ金利がつく場合、レバレッジ10倍なら40%の運用ができるということです。

もちろんこの例の場合でも1ドル=105円が、1ドル=100円になれば、損が出ることを忘れてはなりません。

くりっく365入門は、くりっく365について解説しています。

くりっく365入門 PICK UP!:初回入金と手数料

カテゴリー

おすすめ記事

当サイトについて

くりっく365入門へようこそ!くりっく365入門管理者のTOSHIです。

管理人紹介

くりっく365に関するガイドとしてご利用いただけたら幸いです。