くりっく365入門 >> 取引について >> 強制ロスカット

強制ロスカット

得をする人もいれば、損をする人もいます。

クリック365入門イメージ

大きな利益が期待できるFXは一方では損失もまた大きくなる可能性があります。

そのことを念頭において取引を始めなければなりません。

FXではレバレッジをかけた状態で急激に相場が変動すると、その損失はとても大きくなります。

その損失をできるだけ抑える仕組みがFXには取り入れられています。

それが「強制ロスカット(自動ロスカット)」です。

自動ロスカットでは、FXの事業者によって違いはありますが、おおむね証拠金の20~30%になると、ポジションの一部やすべてを自動的に決済してしまいます。

強制ロスカットは、その名の通り、強制的に行われる場合や、その前にFXの事業者から警告の連絡が来たり、メールが来たりします。

具体的な例で言うと、例えば証拠金を10万円納めていて、1ドル=110円で、10,000ドルを買えば、110円×10,000ドル=1,100,000円ですが、これが急激な円高で1ドルが102円になったとします。

すると102円×10,000ドル=1,020,000円となり、証拠金100,000円に対して、80,000円の評価損となります。

ここで強制ロスカットが20%の場合には、強制ロスカットが行われてしまうというわけです。

この仕組みは、基本的には証拠金以上の損失が出ないようにする投資家保護のリスク管理といえるものです。

しかし、この場合にも、もしこの直後に再び急激な円安が起こり、1ドルが115円になれば、利益を手にできることになります。

実際には、米ドルと円がそれほど急激な変動を起こすことはまずありませんが、理屈の上では、もう少し強制ロスカットが行われければ利益を確保できたのにということになるわけです。

またFXでは、10の取引のうち、9で損しても、残りの1で大きな利益が出れば、トータルでプラスになることも決して珍しくありません。

そのため、投資家は誰もが、強制ロスカットにならないように気を配っているのです。

くりっく365入門は、くりっく365について解説しています。

くりっく365入門 PICK UP!:手数料が安い

FXとよく比較される投資手段として外貨預金があげられます。

カテゴリー

おすすめ記事

当サイトについて

くりっく365入門へようこそ!くりっく365入門管理者のTOSHIです。

管理人紹介

くりっく365に関するガイドとしてご利用いただけたら幸いです。