くりっく365入門 >> くりっく365FAQ >> くりっくはなぜ安全

くりっくはなぜ安全

くりっく365はFXの公設取引所です。

クリック365入門イメージ

ですからここに上場している企業は上場基準に見合った企業として信頼性が高いといえるでしょう。

そしてもうひとつ、くりっく365では投資家の資産に対する安産性が非常に高いといえるのです。

FXの事業者の中にも信託保全を導入している事業者はありますが、投資家の取引している資産だけを信託保全している事業者やFXの事業者の口座と投資家の口座を分けて分別保管しているだけの事業者もあるようです。

くりっく365では、投資家の資産は、取引の有無に関わらずすべてが取引所によって信託保全されています。

仮にFXの取引がうまくいっていたとしても、FXの事業者が投資家の資産を信託保全していないまま倒産してしまったら、投資家の資産が戻ってくることはありません。

ですからくりっく365の安全性は非常に高いといえるのです。

基本的にくりっく365の分別保管と、くりっく365以外の事業者の信託保全は異なるものです。

くりっく365では、投資家の証拠金(保証金)を事業者自身の資金や取引所の資金とは区別して管理しています。

さらに事業者が破綻したときの手続きについても、取引所規則に従うよう金融商品取引法で定められていて、この法律に基づいて証拠金を他の事業者に移管するなどの手続きを規則で定めています。

一方、通常のFXの事業者の信託保全では、資金を信託銀行に信託し、FX事業者が破綻すると、信託銀行を通じて預けていた資金が返却されるしくみになっています。

またすべてのFX事業者が信託保全をしているわけではありません。

さらに信託法の下では、信託保全2%の信用リスクがあるとされています。

つまり100億円の預かり資産があるFXの事業者の場合、2億円については、企業の倒産などのリスクに相当するということになります。

このような点から考えても、くりっく365の分別保管は100%の安全性をもつものとして、投資家から厚い信頼を受けているのです。

FXでは大切な資産を預けるとともに、継続的に資産を守り続けなければなりません。

資産の安全性が問われるのは当然のことです。

くりっく365に人気が集まるのも当然と言えるでしょう。

くりっく365入門は、くりっく365について解説しています。

くりっく365入門 PICK UP!:くりっくはなぜ安全

くりっく365はFXの公設取引所です。

カテゴリー

おすすめ記事

当サイトについて

くりっく365入門へようこそ!くりっく365入門管理者のTOSHIです。

管理人紹介

くりっく365に関するガイドとしてご利用いただけたら幸いです。