くりっく365入門 >> くりっく365FAQ >> 税金のメリット

税金のメリット

くりっく365には税金面で大変有利なことが多いと先にもお話ししました。

クリック365入門イメージ

ここでもう一度、くりっく365の税金面での有利性を整理しておきましょう。

特にスワップポイントで利益を得たいと考えている方には、くりっく365には見逃せない税金上のメリットがあります。

くりっく365の優遇税制には、3つのポイントがあります。

①税率が一律20%である、②同じ取引所の金融商品と損益を合算することができる、③損失の繰越が3年間の間さかのぼることが可能、この3点です。

通常のFXの取引では、最低税率が15%、最高税率は何と50%にもなります。

しかも最低税率の15%というのは、年間の所得の合算が195万円以下の人だけです。

因みに1,800万円超になると、税率は50%になります。

FXで資産を作りたいという方にとって、税金の問題はとても大きな問題です。

税率によって、手元に残るお金に大きな差が生まれてしまうのです。

次に、損益の合算ですが、くりっく365で生じた「利益」や「損失」は、他の取引所での商品先物、証券先物との損益通算が可能になります。

為替以外の取引をしていない方なら、それほど大きなポイントではないかもしれませんが、他にも先物などの取り引きを行っている方には魅力があります。

さて3点目の「3年間、損失の繰越が可能」という点ですが、これはたいへん大きなメリットです。

まずくりっく365以外のFXの事業者では、損失を繰り越すことそのものができません。

そのため、ロールオーバーごとに損益を計上する事業者の場合、ポジションを決済しなくても現実の損となってしまうのです。

つまり、仮に500,000円を損したという結果ののち、翌年の最後に50万円の利益が出ても、くりっく365以外の事業者では、損の通算ができないため、損が50万円の地点から1,00万円を稼いだと扱われるわけです。

実際には、50万円は原資の回復にすぎないのにです。

このことはスワップ金利によって、利益を得ようとしている人にとって非常に大きなポイントになるわけです。

くりっく365入門は、くりっく365について解説しています。

くりっく365入門 PICK UP!:初回入金と手数料

カテゴリー

おすすめ記事

当サイトについて

くりっく365入門へようこそ!くりっく365入門管理者のTOSHIです。

管理人紹介

くりっく365に関するガイドとしてご利用いただけたら幸いです。